2013年4月24日に起きたバングラデシュの衣料品工場ラナ・プラザの崩壊事故をきっかけに、ファッション業界の在り方を問い直すドキュメンタリー映画の上映会です。
この事故では1129人が死亡し、バングラデシュで過去最悪の産業事故になりました。
ラナプラザは地元の有力政治家の所有物で、違法な増築を数度繰り返しており、政治家が自身の権力を使い、法律を曲げて違法建築物を建てさせた疑いもあります。倒壊前日には、亀裂が発見されたにもかかわらず、工場経営者が操業を強制的に継続させたため、被害を大きくしています。この事故は、さまざまな法令遵守意識、安全管理意識の欠如がもたらした重大災害と言えます。また、この建物からは欧米の大手アパレルメーカーの商品も発見されていて、ファストファッションと呼ばれるビジネスモデル、発展途上国の安い労働力を利用した日本を含む欧米先進国の「搾取の構造」にも視点があてられている映画です。(田中秀喜氏の記事参照
http://kinbricksnow.com/archives/51919945.html

_______________________

5月24日
第1回10時半〜(保育つき・この回のみ・要申し込み)
第2回14時〜
第3回18時半〜3回上映
90分上映後、40分ゲストとともにトークタイムあり
 
場所:大田区消費者生活センター 講座室
   大田区蒲田五丁目13番26-101号
   JR蒲田駅東口から徒歩5分(大田区役所前から川崎方向に約300メートル)
 
トークゲスト:胤森なお子 NGO グローバル・ヴィレッジ ディレクター

主催: 「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償」上映実行委員会
    パルシステム東京・大田連絡会 あけぼの会 南部環境委員会

    スローライフれんげの会 市民シンクタンクまちづくりエンパワメント
 
問い合わせ:070-5450-6759
      cinematomo@gmail.com
料金:500円

http://unitedpeople.jp/truecost/