旧池上トーヨーボールの解体工事にあたっては、十分な調査が

行われていないという不安があり、近隣住民が解体業者・大田区

東京都に再三にわたり再調査をするよう要望してきました。

 

それでも、今も、アスベストが無いという確証の持てないまま

解体工事が進んでいます。

 

こうした中、近隣住民が、旧池上トーヨーボール解体工事において

再度アスベスト調査を行って欲しいという陳情他2つの陳情を

大田区議会に提出しています。

 

議会での審議は

 

日時:2月28日(月)10時~

場所:大田区役所10階

付託される委員会:都市環境委員会

 

是非、傍聴して、審議のゆくえを見守ってください。

傍聴者の数は審議内容に影響します

 

=========================

 

審議は私の所属する委員会で行われます。

 

先日、このことについて委員会で確認しようとしてところ

個人的に行えという委員がいましたが個人的に済ませることでは

無く重要なことであり確認しました。

 

【質問】奈須

「何故目で見て同じと言えるのか」

 

【回答】大田区

「認定された調査機関が出した結果だから」

 

認定した機関の結果と言う説明だけでは目で見て同じで

良いという説明にはなりません。

 

【質問】奈須

「一度目の調査と2度目の調査結果が異なっているのに

1度目の結果を使っているが」

 

【回答】大田区

「異なった結果が出た個所は理由がある」

 

それだけでは、採用している調査箇所が2回目に調査した時

異なった結果になる可能性を否定できません。

1度目の調査は、サンプルを事業者側が採取し検査機関に

渡して調査させたもので、調査機関は、現場を見ていません。

 

1度目の調査で、サンプル箇所を誤って報告していると

思われる結果も聞いています。