大田区議会は、議会最終日、一部の議会中継の配信をやめると決めました。

都議会議員選挙が始まっていて、期日前投票の会場に動画配信すると発言議員紹介テロップが流れるとき党名が見えるなど、公平公正を欠くというのが理由です。

はたして、この理由は妥当でしょうか。
選挙期間中の投票ですから、会場に選挙カーからの投票を呼び掛ける声が聞こえることもありますし、会場のすぐ外に公設掲示板があって候補者のポスターがはられているところもあります。
会場に入る直前に知り合いに会い、投票を呼び掛けられるかもしれません。
期日前投票は、そういう環境の中で投票をしてきています。
 
しかも、今回、すべての出張所と区役所一階ロビーの配信をやめると決めましたが、区役所の期日前投票会場は二階で、議会中継の動画配信は一階なので離れていて見られません。
出張所の中には、期日全投票会場から議会中継がみられないようになっているところもあります。
 
これらの議会中継の廃止は、投票の公平・公正を保つために必要でしょうか。

みなさんはどう思われますか。