国交省の職員に確認したのですが、日本は飛行機の飛び方についての規制が無いんだそうです。
羽田についていえば大田区と取り交わしている文書が唯一のルール。
これが、今回の飛行ルート変更で反故にされます。

いまのルールが破棄されれば、ルールはなくなりますから、問題にすべきは、「新しいルール」がどうなるか。

ところが、飛行ルート変更ばかりに話はむけられ、新たな飛行規制について大田区も国交省も触れようとしない。
ルールが無ければ、

【どこでもどんなふうにでも飛んでよくなる】

ということ。

東京の空が沖縄化するということではないかなあ。