お隣の韓国も日本同様、不安定雇用や低賃金が問題になっています。
そのような中、パクウオンスン ソウル市長は、民営化を直接雇用などに変えて、賃金を上げ全体経費を下げるなどの成果をあげています。いいことづくめ、すごいですね。
周辺自治体や、ムンジェイン政権、民間企業などへも影響を与えているパクウオンスン市長へのインタビューが、つい先日、実現しました。
インタービューした自治総研の上林陽司さん、ワーキングプア研究会白石孝さんから報告していただきます。

 

*公共サービスを考える会の定例会を会員外にも広げてご案内しています。
小さな部屋しか取れていませんので、定員になった場合、まことに申し訳ございませんが、ご遠慮いただくことがあります。
   報告者:自治総合研究所 上林陽治氏
     官製ワーキングプア研究会 白石孝氏 
 日時:12月20日18時半~
 場所:大田区消費者生活センター http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/seikatsu_center/
      大田区蒲田五丁目13番26
 主催:公共サービスを考える会
 参加費:500円