大田区内にリニアの非常口を設置するため、敷地内の建物の解体工事が始まる報告をさせていただきましたころ、非常口近くが「仮称)洗足池周辺地区景観形成重点地区指定」に向けた検討の際に、リニアの非常口の影響についてふれられていた、という情報提供をいただきました。
以下、ご紹介いたします。
____________________

第6回大田区景観審議会(平成28_2016年10月31日)では
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/machizukuri/keikan/shingikai/dai6kaikeikannsinngikai.html
洗足池非常口について話し合われています。
資料3を拝見すると、池から見える景観で非常口施設がどのようなものかに関心を持たれるには当然かと思いました。
審議会では中井会長の、
「リニアは、何か、アセスが出てるから、それである程度の位置はわかるんですよね。だから、ちょっとまた、専門部会等でも、情報として出していただければと思います。換気塔とか立坑というのは、確かにちょっと気にはなりますね。」
とのご発言が記録されています。

非常口工事説明会で配付されたJR東海資料がどのようなものかは知りませんが、
大田区当局からの今後の情報に注意していきたいと思っております。
________________________
私も、注目していきたいと思います。
非常口は、下の地図で洗足池駅から線路に沿って西側に東急池上線とある、東急の部分の北側に設置の予定です。