羽田空港りを離発着する飛行機の便数、飛行ルートを、国土交通省が大幅に変えようとしています。

形ばかりの説明会を開催したら、意見をまとめ、それに対する意見を募集しています。

期日は11月10日まで。

大田区議会にも、連絡はありませんでした。

現在、大田区議会事務局を通じ、大田区議会羽田空港対策特別委員会委員長には、委員会の緊急招集を依頼。

大田区には、このことを知っていたか、知っていたならなぜ委員会報告がなかったか確認しています。

その後、委員長からは、これが最初で最後の意見聴取ではないのだから、委員会は開催しないと連絡がありました。

私からは、副委員長はじめ他の委員に奈須りえの趣旨要望をお伝えいただくようお願いしました。

地元の意見を聞いて進めることが約束の羽田空港共用ですが、意見を言う機会さえ与えようとしていないのは、

国でしょうか。

大田区でしょうか。

区議会でしょうか。