住民監査請求の報告会が12月2日に行われます。

大田区産業プラザPIO(ぴお)特別集会室
参加費300円
主催 大田区の不正を許さない住民監査請求人の会

https://www.pio-ota.net/access/

 

大田区が

●羽田空港跡地を165億円で買いながら平米あたり600円と隣地の平米あたり5200円の約9割引で貸し出したり、

●蒲田4丁目の820平米に土地を920平米のそこに建つ建物と交換してしまった問題で、

住民監査請求が起きました。

住民監査請求は、違法不当な区の税金の使い方や財産の処分に対して、住民が是正などを求められる仕組みです。おかしいことを見過ごさない住民の動きが今の大田区政、ひいては日本の政治の歯止めになることを期待します。


 

蒲4(カマヨン)問題

大田区の土地820平米が民間デベロッパーに渡り、デベロッパーがそこに建てる13階建ての1階店舗、2階オフィス、3〜13階共同住宅99戸のビルの、2階オフィス部分920平米と交換します。

地方自治法は土地と建物の交換を原則認めていません。
土地820平米と区分所有付きスケルトンの建物は同じ価値でしょうか。

民間デベロッパーは、そこに建てるマンションの販売利益を得られます。

 

 

羽田空港跡地問題

165億円で入手した土地

場所は羽田空港のこの辺りです。

こんなふうに借り受けた民間事業者は開発するそうです。

できた建物のオフィスを大田区は借ります。

買って、貸して、また借りる。

事業者は土地の投資リスクなく、建築コストの確実な回収先(大田区が借りる部分)を得て事業が行えます。