アーサー・ビナードさんと地方自治について話します。

【時代を読み解く池袋パーティー】が立ち上がりました。第一回(11月3日)のテーマは「統一地方選で市民だからできること」第二部でアーサー・ビナードさんと地方自治について話します。


主催者より
【時代を読み解く池袋パーティー】

コーディネーター アーサー・ビナード(詩人)
第一部    山本太郎(参議院議員)
第二部    奈須りえ(前・大田区議)
中田兵衛(豊島区議)

<第一部>
世界を語る言葉を求めてやまない詩人アーサー・ビナード氏が、ゲストたちの語る言葉に登壇者達に「レスポンス」をする。
参議院議員一期目の山本太郎氏に、「第二次安倍改造内閣(別称・統一教会&グローバリスト)政権」の臨時国会では、何が起きているか五感で感じている「生の国会報告」を聴き、ともに意見を交える。

<第二部>
戦前の明治憲法下では、地方自治の概念はまったくなかった。戦後、憲法ではじめて生まれた国民主権、基本的人権とならぶ重要な制度にもかかわらず、地方議会でも実態は官僚(行政)のつくる法案を審議するだけの機関であり続けている。
地方議会を官僚(行政)の手から市民(区民)の意見をより反映させていくためにはどうするか。
第二次安倍改造内閣(別称・統一教会&グローバリスト)政権の暴走が加速する中、来年四月に行われる統一地方選挙を間近に控え、現職豊島区議・中田兵衛氏、前大田区議・奈須りえ氏から、問題提起を受け意見を交える。

★日時 2014年11月3日(祝・月曜)
開場:5時40分 開演:6時20分~9時20分迄
★定員100名 ※事前予約申し見込み者優先。予約をお願いします。下記アドレスへ件名「11・3参加希望」(chaospoint.tokyo@gmail.com)、お名前と連絡先(電話かメルアド)を、11月1日(土曜日)まで、尚、複数名でお申し込みの場合でもお名前をお書きください
★資料代 ¥1000円 (※中学生以下無料。尚、お子様用特設スペースはありません)
(※被災地から首都圏に避難・移住されている方は、資料代500円:事前予約が必要です)

★会場 豊島区区民センター/5階(音楽室)
(東京都豊島区東池袋1丁目20-10:池袋駅徒歩5分)


第一回(テーマ)
暴政の安倍(第二次)政権(改造内閣)を止めるにはどうするか
ー福島、沖縄、統一地方選で市民だからできることー
主催/問い合わせ  カオス・ポイントTOKYO 主宰 杉山義信
2011年3月11日、東日本大震災によって、わたしたちは今まで持っていた「常識」や「世界観」の変更を強いられ、結果3・11以前のすべての「常識」や「世界観」を、まずは「疑え」!!
かんたんに人の意見をうのみにするな、まずは「自分の頭で考える」ことが基本的な姿勢だ。
また思想家アーヴィン・ラズロ氏は「社会を変化させるには十分な数の人びとが、積極的な役割を担わねばならない、それはとりもなおさず、あなたとわたし、そしてわたしたちの身近にいる人々の積極的な取り組みが必要だ」と、著書『カオス・ポイント』で語っている。