怒れる大女子会だとヤッパリ声掛かります(^_^;)
以下、マガジン9HPより


 

怒れる大女子会!もういい加減にして「おっさん政治」!
~だから2015年春に向けてのキックオフ大集会~

★日時:2014年11月22日(土)
14時~17時 (開場:13時半)
★場所:@東京YWCAカフマンホール(東京・御茶ノ水)
★参加費:一般2000円、学生1500円/高校生以下無料
ペア割引あり(一般2人で3000円、学生2人で2000円)
*一般と学生のペアの場合は、一般2人とさせていただきます

★講師:三浦まりさん(上智大学教授)
太田啓子さん(弁護士/明日の自由を守る若手弁護士の会)
雨宮処凛さん(作家)
奈須りえさん(前大田区議会議員)

共催:日本YWCA
後援:グリーン・ウィメンズ・ネットワーク(グリーンピース・ジャパン)、WAN(ウィメンズ アクション ネットワーク)など。

※参加費は、当日の受付にてお支払いください。
※ペア割引をご利用の方は、お二人お揃いの上で、受付にてお申し出ください。
※ペア割引は、他の割引との併用はできません。
※学生の方は、当日受付で学生証をご提示ください。
※定員(180名)になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。
※託児スペースを設けます。ご利用になりたい方は、申し込みフォームの備考欄に、お子さんの人数と年齢をお書きください。

世論を押し切る強行採決による特定秘密保護法の制定、立憲主義無視の閣議決定による9条の解釈改憲と集団的自衛権行使容認、上から目線の「女性の活用」、自然の脅威を甘くみたリスク満載の原発推進政策などなど…。たがが外れたような安倍政権の暴走ぶりに、さすがにおとなしい日本の女性たちも怒り始めています。

「社会保障切り捨ての上に、物価が上がり生活は困窮!」「福島の原発事故が終息してないのに、なんでまた再稼働?」「うちの子も、よその子も、戦争に行かせられるんじゃないの?」「こんな生きづらい社会で産めよ増やせよって無理!」など危機感と不満の声がいっぱい。

いったい誰がこんなバカげた、デタラメな政治をやっているのか…? 何故こんなことになってしまったのか? 「暴挙」を止めさせるためにはどうすればいいのか?

三浦まりさん(上智大学教授)
太田啓子さん(弁護士/明日の自由を守る若手弁護士の会)
雨宮処凛さん(作家)
奈須りえさん(前大田区議会議員)ら

を講師にお迎えし、今の状況をわかりやすくお話しいただきつつ、「さあどうする私たち?」についても一緒に考えていきたいと思っています。

また今回は「女子会」らしく、講師やゲストのお話を一方的に聞くスタイルではなく、参加した人同士もトークができる機会を設ける予定。問題意識を共有することによってネットワークを築き、来春の統一地方選挙に向けて、具体的に一歩を踏み出せるきっかけとなる「マガ9学校」にしたいと考えています。

こんな政治状況になってしまったのは、長らく「オッサン政治」を容認し放置してきた、私たちにも責任がありそうです(ちなみに「オッサン政治」とは、全日本おばちゃん党代表代行の谷口真由美さんが、さまざまな政策の決定機関のジェンダーバランスの悪さを指摘しつつ、日本の政治の有り様を端的に表現した言葉です。こちらも是非、お読みください。→2013年5月11日 マガ9学校レポート「オッサン政治にもの申す! 全日本おばちゃん党参上!」)。

そのあたりの反省もしつつ、来春に向けてのキックオフ大集会です。もちろん、そんな女性たちをサポートしたい! という男性陣も大歓迎。ご参加お待ちしております!

三浦まり●みうら・まり 上智大学法学部教授。専門は比較福祉国家論、現代日本政治、ジェンダーと政治。著書に『壁を超えるー政治と行政のジェンダー主流化』(共著、岩波書店)、『ジェンダー・クオーター 世界の女性議員はなぜ増えたのか』(編者、明石書店)ほか。
太田啓子●おおた・けいこ 2002年に弁護士登録(横浜弁護士会)。解釈改憲による集団的自衛権行使容認に強い危機感を持ち、カジュアルな雰囲気で憲法を学べる学習会「憲法カフェ」を、地元の仲間とともに企画・開催してきた。「明日の自由を守る若手弁護士の会」のメンバーでもある。二児の母親。
雨宮処凛●あまみや・かりん 1975年北海道生まれ。作家・活動家。2000年に自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)でデビュー。現在もさまざまな不安定さを強いられる人々の問題に広く取り組み、取材、執筆、運動中。オフィシャルブログ「雨宮日記」
奈須りえ●なす・りえ 市民政策アナリスト。市民シンクタンクまちづくりエンパワメント代表。 2003年より2013年まで、大田区議会議員を務める。行政情報、議会情報を収集、分析して発信中。

公式ブログ:http://blog.goo.ne.jp/nasrie

お申込みは、こちらから