「感染症」井上栄著 中公新書 
広がりと防ぎ方

インフルエンザや新型インフルエンザの基本について勉強しようと思って見つけた本です。

知り合いの医師にお伝えしたら、懇意にしていらっしゃる方だとうかがい、余計に親近感をもって読みました。

日本の生活に、手洗い、箸を使う、お風呂に入る、など、病原体がうつりにくい条件が組みこまれているという指摘に、あらためて、日常から清潔を保っていることの大切さを確認しました。

先生は、また、こんなこともおっしゃっています。

清潔な行動によってすべての病原体を絶やすことは不可能で、病原体を全滅させることは、また、別の問題を引き起こす、ほどほどがよいのである。

なかなか、感染症の本など手に取らないと思いますが、いまだからこそ、興味を持って読める一冊だと思います。