大田区は、求職で在園できる期間を3か月までに延長します。

今後のコロナの状況により、弾力的に対応するそうです。

解雇や仕事を継続できないなど、不安を抱えている方は、大田区にご相談ください。

https://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/soshiki/gyoumu/hoikusabisu.html

保育サービス基盤担当
電話:03-5744-1277

コロナの影響で、採用活動を休止していたり、返信が遅かったり、不景気で求職の数も激減している状況です。

不景気の際に、景気対策のため、行政が仕事を作ってきたことは、ニューディール政策など、周知のとおりですし、大田区もまた、雇用対策を行ってきています。
現在、大田区には、483億円の財政基金があり、緊急事態宣言であることを考慮すれば、1000億円を超える基金があります。

大田区として、コロナ対策の雇用(コロナディール)を作るべきだと思います。