財政が厳しいというのは、非常に便利な言葉ですが、そこからは責任の所在はみえてきません。特に、大田区のような経済の中心になっている都市部は、税収も日本で一番豊かです。区民の皆さんの多くはご存じないかもしれませんが、国は、23区などの税収がたくさんあるんだから、という理屈で、税収の一部を「足りない」地方に回しているんです。それに対して、23区は非常に重要で本質的なことを言っているんです。23区はお金持ちだといって、財源を地方へ回すけど、財源に余裕はない、なぜなら、超高齢化への対応、子育て支援策、など大都市特有の膨大な行政需要を抱えている、から。と言ってるんですね。

・・・・・・・

 特別区が法人住民税の国税化や消費税清算基準の見直し、ふるさと納税などに対し、国による不合理な地方税の偏在是正が繰り返し行われているとして、特別区緊急共同声明を発表しています。

ここで、23区は決して法人住民税国税化やふるさと納税、消費税清算基準を受け入れられるほど、財源に余裕があるわけではない、なぜなら、「首都直下型地震への備え」「超高齢化への対応」「子育て支援策」「社会インフラ老朽化対策」など、大都市特有の膨大な行政需要を抱えている、から、と言っているのです。

・・・・・・

そうなんです。経済が豊かな地域ほど、その経済を支える、労働者のために税金を使って、子育てや介護を支えなくちゃいけない、ということを言ってるんですね。

今日一番言いたいことは、経済の豊かな地域ほど、税収は、豊かな経済を支える労働者のために使わなくちゃいけない、ということなんですね。

働いて生み出される富が、働いて富をたたき出している労働者でなく、投資家・資本家にばかり使われると、「暮らしにくい・働きにくい」と感じるんじゃないか、と思っています。

平成24年の厚生労働白書は、このあたりのことにふれています。

なぜ社会保障は重要か。

機会があれば、ぜひ読んでみてください。なので、経済の豊かな地域ほど、税収は、社会保障で、豊かな経済を支える労働者のために使わなくちゃいけない、ということなんですね。

 

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12/