高齢化社会に対応し相続法の見直しが行われました。残された配偶者の居住の権利の保護は重要ですが、遺言の利用を促進し、相続をめぐる紛争を防止する等の観点から、自筆証書遺言の方式を緩和するなど、多岐にわたる改正は、予め知っておかないと、実際の相続において新たなトラブルのもとになり兼ねません。 気になるけれど、具体的な動きにつながりにくいお金や財産の問題について、清水建夫弁護士からお話しいただきます。

_____________________________

知らないと損する 大切な人と私のための相続法見直し
 日時  11月24日(日) 14時~16時半 13時半開場
 場所  入新井集会室(ラズ大森4階)
      大田区大森北一丁目10番14号  JR京浜東北線大森駅下車東口徒歩約3分
 講師  清水建夫 弁護士
     早稲田大学卒業 公害・薬害・障害者のための弁護に取り組む
働くうつの人のための弁護団
     働く市民の弁護団
     働く障害者の弁護団
     弁護士9条の会
 参加費 無料 
 主催 フェアな民主主義
 問い合わせ先 office@nasurie.com 03-6303-8671

高齢化社会に対応し相続法の見直しが行われました。残された配偶者の居住の権利の保護は重要ですが、遺言の利用を促進し、相続をめぐる紛争を防止する等の観点から、自筆証書遺言の方式を緩和するなど、多岐にわたる改正は、予め知っておかないと、実際の相続において新たなトラブルのもとになり兼ねません。
気になるけれど、具体的な動きにつながりにくいお金や財産の問題について、清水建夫弁護士からお話しいただきます。