種子の保存を禁止する「モンサント法案」との闘いを描いた映画の日本語吹き替え版「種子」を上映します。

日本では、主要農作物種子法がひっそり廃止されてしまいましたが、種の民営化とも言われ、その影響が心配されています。 特別ゲストに、この映画「種子」の日本語版制作統括をしたPARC:NPO法人 アジア太平洋資料センター代表の内田聖子さんをお迎えし、食の安全について、トークセッションも行います。
【1】ドキュメンタリ映画会上映会
   「種子」みんなのもの?それとも企業の所有物?

8月12日(土)13時~16時  
(1)10:30~13:00 内田聖子さんトーク付き
(2)14:00~16:30 内田聖子さんトーク付き
(3)17:00~19:00 
*1日3回上映します。開場は上映30分前と致します。

場所 大田区消費者生活センター 大集会室
       http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/seikatsu_center/index.html   
参加費:\1,000:当日現金支払でお願いします。
主催:パルシステム東京 大田連絡会 あけぼの会 
協力 まちづくりエンパワメント 鉄子ファーム
*保育はつきませんが、子連れ可能です。
他の方の迷惑になる場合には、静かになるまで別室でお待ちいただくお願いをすることがあります。

お席の確保の都合上、下記のリンクからお申込みください。
その際、何回目の上映に参加されるかメッセージ欄にご記入下さい。 https://kokucheese.com/event/index/529541/