く私たちを法令が守ってきましたが、規制緩和により企業の力が大きくなっています。

この間、雇用の現場で起きてきたことを竹信三恵子さんが「企業ファースト化する日本」という本にしました。奈須りえも大田区を事例に対談で登場します。働く私たちを法令が守ってきましたが、規制緩和により企業の力が大きくなっています。この間、雇用の現場で起きてきたことを竹信三恵子さんが「企業ファースト化する日本」という本にしました。本の中で奈須りえも大田区を事例に対談で登場します。

出版を記念し、働く現場で起きている問題について発表するとともに、会場のみなさんとこれからの雇用について考えます。


日時 2月10日13時半~16時半

場所 アプリコ地下展示室

参加費 ¥500(学生無料) 

ゲストスピーカー 竹信三恵子さん
東京大学文学部社会学科卒。朝日新聞編集委員兼論説委員をへて、現在、和光大学現代人間学部現代社会学科教授。研究テーマは、非正規労働と貧困、格差、無償労働問題、ワーク・ライフ・バランス、マスメディア 

著書に
「ワークシェアリングの実像~雇用の分配か分断か」2002、岩波書店
「女性を活用する国、しない国」2010、岩波ブックレット
「しあわせに働ける社会へ」岩波新書
「災害支援に女性の視点を!」岩波ブックレット
「ルポ賃金差別」ちくま新書
「ピケティ入門~『21世紀の資本』の読み方」金曜日 
「正社員消滅」朝日新書