リニア新幹線が大田区を通ります。
東京都は、環境アセスメントを適当としたわけですが、そのアセスメントがこれまで私たち(リニア市民ネットなど)が指摘してきた通りずさんだったことが、先日の説明会で明らかになりました。
(どのようなアセスメントだったかは、過去のブログをお読みください。)

環境アセスメントは、環境への影響が大きな事業に対して、
①「あらかじめ環境影響評価を行うこと」が大切だから
②事業に係る環境の保全について、将来にわたり健康で文化的な生活が営めるよう
行うものですが、法令に従い適切に処理するといった文字が並びほとんど具体的な方策が示されていませんでした。
具体的な方策が確立できずに工事や事業を行えば、当然、環境は保全されず、私たちは将来にわたり健康で文化的な生活は営めません。
変更された非常口の残土搬出入経路
例えば、環境アセスでは、残土の搬出入は、環七経由で中原街道から非常口に入り、そこから来た道を戻る計画でした。
ところが、これを、環七から中原街道を通って洗足池南西の非常口工事現場で残土を積み込み、これを中原街道から環八を通って臨海部へ搬出する経路に変えています。

環境影響が配慮されていないかった環境アセスメント
現実に、JRが環境アセスメントで示した搬出経路は、実現不可能で、非常口から中原街道を右折することはできません。しかも、同じ道を倍のトラックが搬出入することになるので影響が大きい、という理由で、経路を変えたようです。

 

実現不可能だった環境アセスメント
JRが示す工事は、環境への影響を最大限に配慮した方法ではなく、もっといい方法があるということになります。住環境より利益なのでしょうか。

いずれにしても、警察署舎宅の跡地だけでは、トラックの搬出入を行うことはできないようで、現在、隣地の地権者に土地購入を持ち掛けているようです。
そうなると、地権者が土地を売らなければ、工事は行えないとも言えます。

環境影響どころか、実現不可能なアセスメントをしたことになり、それを東京都も認めたことになります。リニア建設ありきで、JRの営利事業に国や東京都が加担して進められてきたように見えてしまいます。
これは、トラック搬出入だけの問題でしょうか。
以下、説明会の質疑の概要を掲載します。
____
洗足池近く東雪谷 非常口建設工事説明会 質疑一覧
◆一般的に大きな工事は近隣住人と協定書を結ぶが、今回は誰と結ぶのか。
(回答:こうやって丁寧に説明して理解してもらう。協定書は考えていない。)
◆工事は8時から18時というが、8時から始めるためにはもっと早い時間から道路を走ってくる。18時に終わってもそのトラックが最後に目的地に着くのはもっと遅い。特に平和島から城南島までは往復同じ経路。つまり1日300台の日は600台通ることになる。1分に1台は影響が大きい。
◆大深度地下、五月に説明会が開かれるというが、その前に住民からの心配のこえを届ける方法はないのか。
◆環境影響評価書が出ているのだから、それを守ってほしい。
◆上海のリニアが中止になっている。その理由は?
(回答:そのような報道があったのは知っている)
◆リニアが東海道新幹線のバイパスと位置付ける前に、他の方法は検討しなかったのか。例えば北陸新幹線。
◆地下水の水位に与える影響はほとんどないというが、実際に測ってみたのか。
(回答:3次元浸透流解析、まだできていないから実測はできない)
◆計画変更したら環境アセスをやり直すべき。ヒ素が出た件。磁界の説明が足りない。
◆発生土搬出道路の混雑が心配。
◆社宅解体の際、埃がすごかった。振動もすごかった。地震かと思った住民が多かった。今回は大丈夫か。
◆発生土を公共事業等に活用するのは問題。大田区に非常口が2箇所と説明があったが、もう1箇所はどこか?(等々力のこと?)等々力非常口付近でも今回と同じような説明会を開くのか?
◆説明会の日程は、忙しい時期を狙ったもので住民に不親切。さらに、17年度、18年度に行ったという実績作りが見え見え。
(回答:解体工事終了後の日程調整と会場準備でこうなった)
◆資料が見にくい。カラーでお願いしたい。科学的根拠の記載がない。(回答:今後課題としたい)
◆この工事によって受ける住民のメリットは何か?
(回答:工事終了時に形のあるものをお示ししたいと考えている)
◆数年前から大田区産業経済部長同席で話し合いを続けてきた。その際の約束「住民と協調して行っていく」ことをこれからも守ってほしい。
(回答:その通りやっていきます)※近隣自治会会長の発言※発言冒頭JRの姿勢を評価しお礼を述べるなど出来レース質問?
◆低騒音、低振動のパネル等を使用するというが、低減数値は示されているが、実際に想定される数値がない、
(質問とそれた低減数値を回答)
◆入口の2軒の家との今後の関係でよくわからない説明があったが?
(回答:そこが工事用地になればスムーズに進めされそうなので、そのような方向を考えている)
◆列車走行時、非常口からの騒音はどれくらいになるのか?
(非常口の下を列車が通る時には減音装置でふたをする)