若年性のレビー小体型認知症と診断された樋口直美さんは、ご自身の体験を本に書き、校正も自らなさっています。「多くの医師は、『認知症は脳細胞が死滅し、記憶力も知性も失っていく一方』と考えていますが、それは完全に違います」。樋口さんの発言がこれから世界の認知症のイメージを大きく変えていきます。

講演のあとはスウェーデンの認知症ケアを本に書いた藤原瑠美さんと奈須りえで対談し樋口直美さんの真実に迫ります。

皆さまのご参加お待ちしております。

【日時】2015年10月18日(日) 14時~16時30分(13時30分開場)

【場所】入新井集会室  Luz大森5F 京浜東北線大森駅東口徒歩3分

【参加費】1000円

【お申し込み】

メール office@nasurie.com   電話 03-6303-8571 fax 03-6303-8572

【主催】 医療福祉ジャーナリスト 藤原瑠美× 大田区議会議員 奈須りえ

クリックすると大きな画像でみられます。