太田啓子さん 明日の自由を守る若手弁護士の会 弁護士】

社会が変わり始めるときというのは、1人が100歩歩いたときではなく、100人が1歩ずつ歩きはじめる時。
真のリーダーというのは、1歩歩き出す姿が颯爽としていて楽しそうで、あの人と一緒にあっちの方向に歩いてみたい、と周りに思わせ、自然と多くの人の歩みを促す人なのだと思う。

それから、そっちに歩くのはなんだか危険、今こっちに歩くタイミング、という嗅覚に優れた人。

奈須さんはそういう方だと思っています。
ぜひ政治の意思決定の場にいらしてほしく、応援しています!

*右から武井由起子さん、アーサービナードさん、私、太田啓子さん、鎌仲ひとみさん
2015年2月14日 私が区議会議員になったらに於いて

◆奈須りえと太田啓子さん◆

明日の自由を守る若手弁護士の会の武井由起子さんのご縁で知り合いました。

災害がれきの広域処理など、原発に関る問題意識が同じで、初めてお会いした時も前からの知り合いのように話してました。

秘密保護法のイベントなどでご一緒させていただいたりしていましたが、太田啓子さんが産みの親の「怒れる女子会」にお声をかけていただいてから、その関係でご一緒する機会が増えています。

男のものだった政治のハードルを下げて、政治を正常化する。
それを、オシャレなランチにいく感じで「女子会」とネーミングしたあたり、タダものじゃないと思っています。

先日は、ドキュメンタリ映画「何を怖れる」で松井久子監督交え女子会しました。