相次ぐ落下物を心配して区民が出した要望書が、半月以上たっても区長に届いていないそうです。
羽田空港飛行ルート変更について、区長に要望書を届けたところ、受付た広聴広報課が、区長に渡していないことが判明しました。

区民の声を聴く広聴課が、区民の声を届けないとは、大変驚きました。
お渡ししたのは、中央防波堤が江東区だとする東京都の調停案に反対する区長の議案審議が行われた10月29日。
中央防波堤を大田区のものにするためなら、議会も動かす区長ですが、羽田空港の飛行ルート変更に関する区民の声は、届かないようです。

聴きたくないことは、寄せ付けない仕組みだとしたら、裸の王様になってしまいますね。