次の予定までに1時間空いた先日、以前にスタッフをしていた「フレンズ 帰国生 母の会」(旧:帰国子女の会 フレンズ:
4月6日活動報告参照)に行ってきました。

 久しぶりに立ち寄った事務所は、以前の東京海上ビル本館マリンテラス(通りから良く見えるグランドフロアにありました)から、新館4階に移転していました。
 
 「フレンズ」では、海外赴任者への渡航前研修も行なっていますが、最近は、赴任者が若年齢化していて、家族連れ、子連れの赴任が減っているそうです。
 
 虎ノ門にある「帰国子女財団」は、企業からの寄付が減っているため、オフィスを縮小し、相談もこれまでの無料から有料で行なうことになったそうです。

 赴任者の弱年齢化も、企業の海外ブランチの縮小やコスト削減などの影響なのでしょうか。