企業のCSRと地域力

 1月7日8日9日の3日間、大森東にある東京ガスの社会人野球チームのグランドで、東京ガス主催、大田区軟式野球連盟の協力のもと、社会人野球チームの選手が指導者となり野球教室が開催されました。

 こどもたちは、ピッチャー・キャッチャー、内野、外野の各ポジションに別れ、整備されたコンディションの良いグラウンドで、のびのびと楽しそうに練習していました。

 東京ガスが、場所と人を提供し、大田区の軟式野球連盟と連携したことで、ノンプロの技術と指導方法にふれる機会を持つことが出来ました。
 
 こどもたち、本当に楽しそうでした。
 
 今回、こどもたちへの指導と同じく好評だったのが、少年野球チームのコーチたちへの指導。

 実は、昨年から東京ガスのコーチに、元ロッテ監督の八木沢荘六さんがいらっしゃるのですが、この八木沢さんが、コーチたちにピッチング指導法を教えていらっしゃいました。

 今後も、定期的に少年への指導をという一方で、野球連盟からは、指導者への指導法教室も開催してほしいという要望があったのですが、それが図らずも実現した形になりました。

 地域の少年野球チームのコーチと企業のCSR(=社会貢献)の連携が、こどもたちの野球環境を前進させるていくことができるよう、今後も継続的な開催を希望しています。