大深度地下使用の認可がおりました。国交大臣が良しとしたのでしょう。
大深度地下協議会で、大田区は、区民の声に対応するよう求めましたが、対応できたかどうかのか確認をする前なので、非常に驚いています。
大田区民の声、大田区の声が無視されているからです。

認可がおりれば、トンネル工事が加速します。環境への影響は認可の有無にかかわらず、残る問題ですから、引き続き、必要なことを一つ一つしていきたいと思います。 

________

リニア中央新幹線品川・名古屋間建設工事の大深度地下の使用の認可を国土交通大臣がおろしました。

http://www.mlit.go.jp/common/001257585.pdf

2018年10月17日14時ごろ、国交省から大田区に

大深度地下使用の認可が降りた

と連絡があったそうです。

昨日の交通問題特別委員会で、急遽、報告がありました。

大深度地下協議会での、大田区や川崎市の丁寧な説明や環境などを守るための適切な対応策が示されない、いわば、自治体の意思を無視したままの見切り発進的認可に、大きな衝撃と憤りを覚えています。