*214年10月の集会で 右から水野誠一さん、私、講談師の神田香織さん、NGO PARC アジア太平洋資料センターの内田聖子さん

◆奈須りえと水野誠一さん◆
69(ロックの会)というのがあって、そこに災害がれきの広域処理の問題を話しに行った時に初めてお会いしました。

その後、facebookなどでゆるくつながっていたのですが、昨年、アーサービナードさんの講演会にパネリストとして無理やり壇上に立っていただいたところから、更に親しくなりました。
パネルディスカッションは、それは素晴らしい仕切りで、集会のグレードをワンランクもツーランクも上げてくださいました。(だいたい、アーサーさんが話しだすと止まらなくて、それを見事にナビゲート)
それからのお付き合いです。

経済の最前線にいらっしゃる水野誠一さん(元西武百貨店社長)を集会にお呼びしたということで、私の見方を変えた方もいたとかいないとか。

近々に『「否常識のススメ」成長神話の終わりに』を出版されるようですから、大田区にぜひいらしていただき講演をお願いしようと思います。

*水野さんのメッセージの

「奈須りえさんほど、色々な政策について本気で勉強している女性は滅多に居ません。」

ホントに嬉しいです。確かに、どう勉強できたかはともかく、奈須りえは本気で勉強しています!!
あとから、どうしてあの時、あんなに真剣に、夢中で、なりふり構わず、、、、あそこまで取り組めたのかなあ、と自分でも思うことがあります。
「理不尽」「納得いかない」に出会った時、何かのスイッチが入るのかもしれません。