11月2日(日)第一回「おおたユニバーサル駅伝」が平和島公園において開催されました。
 私もランナーとして参加し、1キロメートル走りました。

障がい者も健常者もだれもが参加できるスポーツといえば、「共生共走マラソン」があります。
 私も、日程の許す限り参加していますが、今年は、新たに大田でスタートした「ユニバーサル駅伝」に参加しました。

 「ユニバーサル駅伝」は、5人が1チームになって、ひとり一周1キロメートルを走り(歩いてももちろんOK!)。
①車いす
②視覚障がい
③高齢者
④小学生
⑤誰でもOK
が当日出会って、自己紹介をし、チーム名をつけると、5人合計の予想タイムをきめて走り、どれだけ予想タイムに近いかを競います。

 パラリンピックのメダリストがビックリするような速さで走ったり、伴走者がついて行けないくらい飛ばしている視覚障がい者がいたりもしますが、だいたい、みんなマイペース。

 私のチームは、予想タイムも、無理のかからないよう余裕をもって設定しすぎて、最後は15分くらいあまらせてしまいました。

 天候に恵まれ、20チームが、5人のランナーと伴走ボランティアや私のグループはお2人のPT志望のコーディネーターと楽しく和気あいあいと運動できました。
 
 初めての試みとして大盛況の約300人が集まった大運動会。
 本当に多くのスタッフやボランティアに支えられて運営されていました。

 来年は春の開催を予定しているそうです。


なかのひと