中央新幹線
http://company.jr-central.co.jp/company/others/chuoshinkansen01.html

リニアモーターカー計画路線の環境影響評価書に基づき説明会が開催されます。 地図からみた、おおよその計画路線は、中原街道と環七の交差点より少し松原橋方面から、ちょうど田園調布のテニスコート下を通り多摩川をこえ神奈川県へと入るルートになっています。
リニア新幹線の東京駅への延伸も、アベノミクス第三の矢と言われている国家戦略特区の規制緩和のメニューにはあげられています。この国家戦略特区の議論の中には、「都市計画手続きの迅速化」や「予備的な事前調整をせず、時間を短縮」「アセスを同時並行で」といった声もあります。
人口減少、労働人口の減少が深刻な日本において、リニア新幹線の需要はあるのか、東海道新幹線の需要を相対的に減らすのではないか、現状に置いても維持管理できないほどに過剰になっている道路や橋、公共施設等の社会資本を維持できるのか、と言ったフレームも示されないまま、経済対策として歓迎する声に後押しされる形でリニア事業が着々と進められています。
超電導リニア
しかし、一方で、環境への影響や電磁波の影響などについての懸念の声も出ています。

リニア中央新幹線は、大深度地下(40m程度)トンネル施行のため、5~10kmごとに換気や避難のための立抗や施行ヤードを計画しています。
今回の説明会のポイントの一つは、中原街道の洗足池から上がったところに非常口ができることが分かったこと。
説明会の会場も、雪谷特別出張所が2回と大田区民プラザが選ばれています。
環境影響の指標のひとつには、低周波がありますが、その理由が、鉄道施設(換気施設)から低周波が発生する恐れがあり、その換気施設=非常口の周辺に住居が存在するからです。 この対象地域が、大田区の場合、東雪谷・南洗足・石川町にあたるようです。
環境影響 低周波音
http://nasu.seikatsusha.me/files/2013/10/tokyoh08-01-051.pdf
上海市では、安全性への配慮が不十分、人体への影響の具体的データが示されていない等の理由からリニアモーターカーの延長に反対する住民の大規模なデモが起き、計画が中断したままだそうです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0123&f=column_0123_005.shtml


大田区説明会開催サイト http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/other/jr-sinkansenasess.html
中央新幹線(東京都・名古屋市間)の環境影響評価準備書について http://jr-central.co.jp/news/release/nws001304.html
開催説明会日程一覧 http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000019587.pdf
環境影響評価準備書のあらまし http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000019526.pdf


大田区内説明会

(1)10月12日(土曜日)、午後7時から 会場:大田区民プラザ
146-0092 大田区下丸子三丁目1番3号 東急多摩川線下丸子駅下車約1分 東急池上線千鳥町駅下車徒歩約7分
定員:先着450名

(2)10月14日(月曜日・祝日)、午後2時から 会場:雪谷特別出張所

(3)10月17日(木曜日)、午後6時30分から 会場:雪谷特別出張所
雪谷出張所 〒145-0065 大田区東雪谷三丁目6番2号
交通アクセス   JR京浜東北線大森駅西口から東急バス洗足池行きで荏原病院前バス停下車徒歩約2分   東急池上線石川台駅、洗足池駅下車徒歩約10分   東急池上線洗足池駅から東急バス大森駅行きで荏原病院前バス停下車徒歩約2分

定員:先着150名


 

「中央新幹線(東京都・名古屋市間)」建設計画に関する、環境アセスメント制度に基いた、環境影響評価準備書の縦覧と説明会を開催します。 なお、この縦覧と説明会は、環境影響評価法の規定に基づき、事業者である東海旅客鉄道株式会社(JR東海)が行うものです。

縦覧

縦覧期間

9月20日(金曜日)から10月21日(月曜日)まで(土曜日、日曜日、祝日を除く) 午前9時から午後5時まで

縦覧場所

環境保全課、入新井特別出張所、馬込特別出張所、池上特別出張所、嶺町特別出張所、田園調布特別出張所、鵜の木特別出張所、久が原特別出張所、雪谷特別出張所、千束特別出張所、矢口特別出張所

※準備書は、JR東海ホームページからもご覧になれます。        環境影響評価準備書(東京都)          計画路線地図および非常口構造などの記載    

説明会

日時・会場・定員

(1)10月12日(土曜日)、午後7時から 会場:大田区民プラザ 定員:先着450名

(2)10月14日(月曜日・祝日)、午後2時から 会場:雪谷特別出張所 定員:先着150名

(3)10月17日(木曜日)、午後6時30分から 会場:雪谷特別出張所 定員:先着150名

申込方法

(1)(2)(3)とも当日会場へ。

意見書の提出

準備書の内容について、環境保全の見地から意見のある人は誰でも、意見書を提出することができます。

提出先

住所、氏名を明記の上、「JR東海中央新幹線環境影響評価準備書ご意見受付係(〒108-8799 高輪郵便局留)」へ郵送してください。

※JR東海ホームページの専用入力フォームからも意見書を提出できます。

提出期限

11月5日(火曜日)必着。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JR東海ホームページ