2011年最初にふれたテーマは「民主主義」。
その後、民主主義のありかたをこれほど問われる一年になるとは思いませんでした。

2012年は、さらに思いきり取り組みます。