震災で住むところを失った方たちへ

住まいを提供できないものかと景住ネットの

メンバー間でも考えていたことです。

ひとつの形をご紹介します。

[住宅新報 2011年03月16日]

東日本大震災の被災者復興支援プロジェクト「仮り住まいの輪」がこのほど発足した。

関西圏でリノベーションの企画・設計を手掛けるアートアンドクラフトの中谷ノボル代表が発起人となり、不動産コンサルティング会社さくら事務所の長嶋修代表、リクルート住宅総研の矢部智仁所長らがその呼び掛けに賛同。実行委員会を立ち上げ、不動産オーナーと暫定的に住宅を必要とする被災者を結ぶ仕組みをソーシャルメディアを通じて構築する。

住宅は賃貸住宅の空室から自宅の1部屋、ビル1棟といった形態や、期間、料金徴収の有無などを問わず募る予定だという。住まいの貸し手、借り手だけでなく、被災者への情報伝達や代理の役割を担う支援者の参画も幅広く募る。

また、物件掲載ガイドラインや推奨する契約書式を作成するなど、個人間トラブルの防止にも併せて取り組む。3月末にホームページを開設し、物件登録を始める予定。