弁護士、早稲田大学大学院法務研究科教授であり、

私も所属する景観と住環境を考える全国ネットワークの代表でもある、

日置 雅晴 氏からうれしい応援メッセージをいただきました。

以下にご紹介させていただきます。


景観と住環境を考える全国ネットワークは、

マンション紛争や大型開発に直面する市民の情報交換や

支援・都市法政の改革などを求める市民運動です。

奈須さんは,その創設以来有力なメンバーとして活動を支えてくれました。

大田区議会は、マンション紛争の陳情・請願は

受け付けないということを取り上げても、

23区の中でもかなり特異な議会運営がなされているところです。

議会の多数派や区政に対する批判的な目を持った議員の

活動はいろんな面で大変な困難が伴う仕事だったと思います。

そんな中で奈須さんは、

地道にいろいろな問題を詳細に調べ上げ、

議会で鋭い追及をするにとどまらず、

果敢に監査請求・住民訴訟の活用など様々な方法を駆使して

区政の問題点を追求してこられました。

その背景には、景住ネットで開催した

様々な勉強会にも熱心に参加されるなど、日頃の努力と、

様々な人から丁寧に話を聞きそれを受け止める感性があったと思います。

今回奈須さんが都議会議員として都政に挑戦されるという話を聞き、

これまで大田区議会で培ってきた経歴を生かし、

さらなる発展の場が与えられるなら、

都民にとって大変喜ばしいことだと期待を大にしているところです。

景住ネットとしても奈須りえさんを

都議会議員候補として推薦させていただきます。

 

弁護士・早稲田大学大学院法務研究科教授

日置 雅晴