〜「待機児対策」国基準引き下げの前に大田区がすべきこと〜

  先日の一般質問で、大田区の出生率や少子化の動向から試算し、待機児問題が、ここ数年の緊急の課題であること。

 そして、現在、大田区では、認証保育所や保育ママなど、国基準より低い基準の保育所などで待機児対策を行っているため、それらに優先し、定員を増やせる認可保育園の定員を緊急一時的に増やすよう要望しました。

 そして、現状、国基準で何人定員が増やせるのか質問しましたが、事前通告しているにもかかわらず、答弁せず、いわば、現在の大田区立認可保育所の現状・実態を隠したかたちに終わりました。

 それほどに、公表するには都合の悪い数字だったのでしょうか。

 そこで、予算特別委員会の質疑時間を使い、実態を明らかにするとともに、今後の大田区の取るべき待機児対策について提案しました。

ちょっと用語説明

旧都基準
 東京都ではかつで0歳児の保育室の一人当たり面積基準を5㎡としていた。
 昨年の議会で、大田区は、国基準の3.3㎡を採用していると答弁しているが
 23区のうち21区、政令市18市のうち7市は国基準より高い基準で運営。

国基準
 認可保育園の面積や人員配置、就労形態などを定めた基準。
 現在、国や東京都にはこの基準を引き下げようという動きがある。

==================================
 同じ大田区のこどもでありながら、区立認可保育園と認証保育所の面積基準を分けていいのでしょうか。しかも面積を引き下げるとこどもへの影響がでると言っている。であれば同じ㎡にすべきです。

 今の答弁からもお分かりいただけると思いますが、国基準と言っていながら大田区の保育基準の運用さえできないのが今の大田区なのです。

 私は、昨年の秋以降、この問題について、こども家庭部から資料をとりよせ、また、話をうかがってきましたが、非常にあいまいななかで仕事をしているなという感想を持ちました。新設認可保育園は全て国基準で設置しているのかと思うと旧都基準5㎡で運営している保育園もある。私立認可保育園もほとんどが国基準です。対外的には国基準と言いながら、ケースバイケースで使い分けていて明確な根拠や基準が無い。区民から見れば、こんなに不公平で不適切な税金の使い方はありません。

 そこで伺います。
■質問③■
国基準で現在保育園に配置されている保育士の人数と保育園の面積で算定すると、0歳児の定員はおおよそ最大何人ぐらい増やのですか?

また、面積は余裕でも職員が足りない園もありますから、保育士を増やしたら増やせる定員は大よそ何人ですか?

□答弁③□
今のままだと40人
保育士を増やせば200人

 この数が、個々の保育園の設備面での実態や保育需要の地域差からそのまま定員の増員数とはなりませんが、非常に大きな数です。

 大都市の待機児対策として国では、保育基準を緩和して国基準3.3㎡を下回ることが検討されています。しかし大田区の保育定員の設定の実態はどうなっているでしょうか。
 区立認可保育園の大森北保育園は0歳児1人当たり8.23㎡。山王5.88。雪谷5.87.仲池上5.93。糀谷7.19。多摩川5.64.など廃止になった旧東京都基準を超える保育園も少なくありません。国基準どころか旧東京都基準も上回る定員設定となっているのです。

■質問④■
 そこで質問しますが、同じく、現行職員数と旧都面積基準で保育定員を見直したら、大よそ最大何人の定員増になりますか?

□答弁④□
 20人

 旧都基準でも余裕がある保育園があることがわかります。
 これらの中にはこの4月も待機児が多いと報告のあった調布地区の保育園も含まれているのではないでしょうか。

 現在引き下げようとしている国基準3.3㎡、賛否両論、様々な議論がでていますが、大田区の認可保育園では東京都の旧基準5㎡でも定員に余裕のあること、定員を増やすことが可能な実態を、子育て中のご家庭にお話しするとどなたも驚かれるとともに、憤慨しています。こども家庭部は、わずか3人の定員増のために、なぜ1年もかけて試行する必要があるのでしょうか。これは解決の先延ばしでしかありません。待機児問題がここ数年の緊急課題であるという認識が大田区にはまったく無いようです。

 多くの子育て家庭は認可保育園への入園を望んでいます。その選択を生かすためにも、また、この4月認可保育園の待機児の数を限りなく少なくするためにも、速やかに施設改修の必要ない保育園については、

■質問⑤■
 保育ニーズをみながらひとり当たり面積5㎡以上のところは速やか定員を増やすこと。
3.3㎡以上のところは緊急的暫定的に定員を見直すべきではないでしょうか。そうでなければ、到底、区民の理解は得られないでしょう。
 3月10日に配布されたこども家庭部のの資料では、東京都への認可定員変更手続きを3月15日までに行うとしています。定員変更は短期間で行うことができることがわかります。
 可能能な保育園においては、速やかに定員を見直し一人でも待機児を減らしてください。

□答弁⑤□
 検証しながら

■質問⑥■
 一方で、先日、このまま少子化がすすみ、保育園だけで待機児対策を行えば幼稚園に通う子どもの数が著しく減少し経営を圧迫することが予想されます。
 保育ニーズの高まりに伴う幼稚園のありかたは放置することなく教育委員会が取り組むべき課題であると考えますが、教育委員会はそうした問題意識をもっていますか?また、どのように取り組んでいくつもりですか?

□答弁⑥□
 個々の幼稚園が取り組む

 このままの大田区の路線でいけば将来認証保育所や幼稚園がつぶれることがおきる可能性があります。子育て支援は長期的視野にたち行うべきです。

参考資料
大田区保育定員3人増施行の委員会配布資料
大田区立認可保育園部屋ごと面積・定員一覧
大田区私立認可保育園部屋ごと面積・定員一覧
保育施設保育士配置基準(国基準・都基準・区基準・東京都認証・大田区指定保育室)


なかのひと