原発に限らず、多くの既存のしくみが、その適否ではなく、既得権がオブラートでくるまれて語られ、一ミリも変えられない社会になっていることに危機感を覚えます。
社会構造は大きく変わりながら、制度も税の投入先も、その構造が一向に変わらないからです。このまま、累積債務1100兆円に引っ張られながら、ずるずると増税を繰り返す社会に突入するのか、国民自ら決定できる国民主権を取り戻す道を選ぶのか。
まずは、原発問題。 田中優さんが、省エネ、新技術により原発の無い社会をどう作るのか話します。
原発は必要だと思っている方も、なくしたいが大丈夫なのかと思っている方もぜひご参加ください。
__________________________________________
田中優さん
 1957年東京生まれ。  地域での脱原発やリサイクル運動を出発点に、環境、経済、平和など、さまざまなNGO活動にかかわる。現在、「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」 感じ、「一般遮断 天然住宅」共同代表を務める。立教大学大学院、和光大学大学院、横浜市立大学の非常勤講師
HP田中優の持続する志 http://tanakayu.blogspot.jp/

【日時】4月7日(日)開場13:20~16:00
【場所】LUZ大森 4階 大田区入新井集会室       大田区大森北1-10-14       http://www.luz-omori.com/info/index.html
【参加費】¥500
【主催】田中優講演実行委員会
【連絡先】共同連東京       東京都品川区二葉1-8-6       kyoudourentokyo@gmail.com
【お問い合わせ先】     03-6424-7561