毎年、23区もちまわりで開催され、ごみの問題ついて考える場となっている「とことん討論会」。今年は大田区で開催します。

安全、制度、技術、ライフスタイルなど様々な角度から、ごみについて考えます。表面的なごみ処理にとどまらない、生産や消費のあり方、持続可能な社会構築までみすえたごみ処理のあり方を討論する場です。

私は、今年、第二分科会のパネリストとして参加します。


日時:2011年8月5日9:45〜18:00

場所:大田区消費者生活センター

参加費:¥1,500

10:30〜12:00 【基調講演】

 「いのちを守る」持続可能なエネルギーのあり方

 NPO法人 環境エネルギー政策研究所

    松原 宏直 主席研究員 

「原発に頼らない安心できる社会へ」

 城南信用金庫

    吉原 毅 事長

12:00〜13:00 【昼食】

13:00〜17:00 【各分科会】

 第一分科会

   「ごみ焼却の安全神話を検証する」

 第二分科会

   「容リ法と飲料自販機を考える」

    コーディネーター 千葉大学教授 倉阪秀史さん

 第三分科会

   「微生物の力で生ゴミ半減!ごみ半減!」

 第四分科会

   「どうするの?核のごみ」〜もうこれ以上子どもの未来は奪えない〜

17:00〜18:00 【全体会】