放射性ゴミについて、10月18日(火)朝日ニュースターで、環境ジャーナリストの井部正之さんが話されます。

井部さんとは、アスベスト、下水汚泥の焼却灰、災害廃棄物などでアドバイスいただくなど、ともに活動しています。

下水汚泥やゴミ処理施設が多く立地する大田区に関わる話が聞けるはずです。
どうぞ、ご覧ください。

大田区は、下水処理場、汚泥焼却・固化施設、ごみ焼却施設など、放射性ゴミに係る施設が多数あります。

その上、今月末からは、岩手県の災害廃棄物を東京都が受け入れることになります。
対象となる産業廃棄物処理施設も大田区にはたくさんあるため、そこにも、測定され高濃度の放射性物質は持ち込まれないことになってはいますが、放射性物質が搬入される恐れがでてきています。

これら施設は、ほとんどが臨海部に立地していますが、住民がいないため安全の確保が曖昧になっています。
また、これら処理後の最終処分場となる埋立地=中央防波堤埋め立て処分場は、現在、東京都が管理していて、どこの自治体にも属していないことが更に都民の関心を薄めています。

放射能の拡散がおきようとしている放射性ゴミについての問題点がわかると思います。

============================

■以下、井部さんからのメールより■

来週火曜日、朝日ニュースターの番組で放射性ゴミのことを話すことになりまし
た。概要は以下です。

<放送局名> 朝日ニュースター                   
(スカパー!スカパーe2、全国ケーブルTV局で視聴可能なニュース専門チャン
ネルです。)
<番組名> 「ニュースの深層」 <生放送です>
<収録日>   10月18日火曜日 午後8時00分〜9時00分
(再放送 同日24・27時〜、翌日朝6時〜、翌日昼1時、土曜朝5時〜、日曜日深夜3時〜)
<出演者> ゲスト       井部正之
メインキャスター  上杉隆(ジャーナリスト)
サブキャスター   西谷祐紀子(アナウンサー)
HP:http://asahi-newstar.com