福岡市の回答は、今回のがれき広域処理を含めた原発事故以前には無かった放射能に汚染された物質の処理基準を大幅に引き上げた「放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法の問題について指摘したもので、日弁連会長声明とまったく同じ問題意識です。

「原子炉等規制法では,放射性セシウムが100Bq/kg を超える廃棄物は,低レベル放射性廃棄物として長期間厳重に保管することが求められているにもかかわらず、今回の広域処理において,国は8,000 Bq/kg 以下であれば通常の埋め立て場で処理できると示しています。このような安全性の考え方の違いについて,国の責任において、科学的知見に基づき市民が理解できるように、国に対して説明していただけるようお願いいたします。」


以下、福岡市HPより

http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/keikaku/hp/saigaihaikibutunituite.html

カテゴリー

Copyright © 奈須りえオフィシャルホームページ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.